小龍、前足の麻痺がなくなりとても良くなりました。後は後ろ足としっぽです。
しっぽはだらんと下がったままだけど、マッサージすると上がってきます。もうちょっとだね。
左後ろ足の麻痺は以前に比べればだいぶいい感じかな。最初から様子が悪かった右は少し時間がかかりそうだけど、やっと自力でトイレできるまで回復てとても嬉しいです。左足を上げておちっこしても大丈夫なように早くなりたいね。今だと右足を支えに左を上げておちっこしようとすると転がっておちっこまみれなのだ(^^:

ステロイドの量が半分の1/4錠になりました。ビタミン剤と胃腸薬は変わらず。
[PR]
りゅうりゅう 9歳になりました♪

お誕生日だというのに今日もリハビリで病院です。
1日おきの通院でいろいろされるのが嫌だったんでしょう。診察台でとっても不機嫌でした。ウチの病院は先生の前に看護士さんがプレ検診するんですね。計るのに入れた体温計の位置が気に入らなかったみたいで鬼のように真っ赤になって(実際はチョコ色ですけど•笑)怒り出し、後ろを振り向いて看護士さんを噛もうとしたけど私が両手で顔を挟んでて動けない。で、燃える怒りの矛先を私に向けてきたですよ。

右手の親指を噛まれました。手を引くとざっくり切れるんで、噛ませたまま口の奥へもっと突っ込んでやるんですね。いつもならハッと我に返って離すんですけど、今日はマジ切れだったようです。赤い炎に燃える目で私を見据えながらゆっくり凄い力で何度も噛むんだもん。もぉ指の骨砕かれるかと思いましたぜ。
ペッと吐き出すように離してもらいましたけど、思いのほか血が吹き出で看護士さんもビックリ!傷の手当に処置室に行こうにも小龍を残せないし、かといって誰かに抱っこできる状態でもなく、りゅうを片手で抱きかかえたまま看護士さん達に傷を洗ってもらい消毒してもらいました。とほほ。

リハビリ大変だったことでしょう。こんな仔ですみません(ーー:

お薬だけで食事制限はなしとのこと。
良かったね〜 りゅうりゅう♪
b0010081_13202097.jpg


来年はこんなお誕生日じゃないといいね(^^:
b0010081_13213288.jpg

[PR]
検査結果では「ヘルニアの再発」でした。

小龍の場合、3歳で酷く痛みのあるヘルニア(腰の部分)をやって、それを治してからはだいぶ良かったんです。人間と同じように雨が降ると痛いみたいな気圧の変化や寒さで再発することはあってもとても軽く、おおむね落ち着いた状態だったのです。

それに再発しそうな時は私でもなんとなくわかるぐらい小龍にも変化があるのです。ケージから出てこない、運動量が少しだけ落ちる、抱っこしたがらない、などなど。なのに今回はまったくわからなかった。転んだ時じゃないかと考えたけど、なんであんな転び方をしたのか未だにもやもやしてます。

再発を繰り返してるので最悪の場合麻痺が残る可能性もあるとのこと。多少不自由があったとしても命を取られるわけじゃない。それならヨシです。

今日からリハビリをスタートします。幸いなことに病院もリハビリを導入するようになって専属の先生もいます。分院には水中歩行器も揃っているとのこと。なによりも梅のお里のチワ友さんが通う鍼治療もあります。
どーんとこい!ですよ。

病院でレーザー照射とマッサージ(足の曲げ伸ばしと指、しっぽ)
家では1日2回リハビリします。アイシング5−10分、前後肢のパット裏刺激、起立させてのバランス移動です。

りゅうりゅうと一緒に頑張るぞ!!
[PR]
先週、たいがに続いて小龍もおかしくなってしまいました。
15日の夜、仕事帰りのタカと待ち合わせて久しぶりに外食して帰宅。ワンコ達のご飯が遅くなってしまいました。

いつもより小龍は大興奮。部屋の奥の方からダッと駆けてきたと思ったら、急にころんと転がって手足をバタバタしてるじゃないですか。目もちょっと飛んでる感じでした。驚いて「りゅう!りゅう!」と呼びかけてももがくだけで体を起こせずにいました。でも、ものの1分も経つか経たないぐらいで今度はパッと飛び起きて、目の前にあったご飯をがつがつ。

倒れた場所が椅子の近くだったので、ぶつかって軽い脳しんとうでも起こしたと思っていたんです。ところが、その夜を境に小龍の後ろ足がなんとなく頼りなくなってきて、普通に歩いていてもすてんと転ぶのです。

先生の見立てではたぶんヘルニアの再発だろうと。
ただ倒れた時の状況もあるので出来る範囲での検査もしてもらいました。
検診の最中にもどんどん麻痺が進行していって、後ろ足はもとより前足やしっぽまで動かなくなりました。
早い治療を最優先にとり、検査結果を待たずにステロイドの注射とレーザー照射をしてもらいました。
検査結果は明後日になります。
[PR]
1月12日の夜に少し吐いた後あり。
13日は夕飯の後で1時間ぐらいしたらまた。
14日は朝夕ご飯の後に吐いた。
翌日からすっかりご飯を食べなくなりました。
あんなに食いしん坊がご飯を食べないなんて!
精神的な天敵が正月休みでいたせいか。そう思ってたらみるみるうちに痩せて、さすがに3日も食事を取らないのは危ないと判断して病院へ。

年末には2.7kgあった体重が2.3kgにまで激減していました。
肝臓と胆嚢のエコー検査に血液検査の結果、肝臓の数値が基準値を大きく越えていて、胆嚢の機能不全とわかる白い陰がエコー画像に映っていました。十二指腸もうまく働いてないようです。

肝臓、胆嚢のお薬と消化酵素薬、抗生剤を処方されました。
[PR]